Google Analyticsの登録~WP Total Hacksを使って~

アクセス解析ツールのGoogle Analyticsへの登録方法です。

Simplicityでは、そのカスタマイズ項目の一つとして、Google Analyticsの登録があります。でも、それは使いません。理由は、もし、別のテーマに切換えたら、その設定は、当然ですが、引き継がれないからです。ですので、絶対にSimplicityから変えないのであれば、そのカスタマイズで行ってもOKです。方法は作者さんのブログに解説がありますので、そちらを参考に。

「アクセス解析」カスタマイズについての解説
photo by Intel Free Press Simplicityでは、「Google AnalyticsのトラッキングID」や「ウェブマスターツールの所有者確認ID」をフォームに入力して設定するだけでデータ収集を開始できます。 Wo

ということで、今回もプラグインを使うのですが、その前に、Google Analytics側の設定を行いましょう。もし、Google Analyticsをまったく使ったことがなければ、例えば、こちらのサイトなどを参考にしてください。

まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方
https://junichi-manga.com/google-analytics/

では、Google Analyticsの管理画面に入り、「管理」タブを開きます。

Google_Analytics_01

まずは、アカウントですが、既存のものを使うか、あるいは、新しい物を作ります。

ちょっとややこしいのですが、Google Analyticsでは、トップのカテゴリを「アカウント」と呼ぶようです。管理画面に入るためのIDなどとは違います。混乱するので、別の名前にして欲しいところですが、そうなっているので仕方ありません。

ここでは、既存のアカウントを使うことにします。希望のものを選んだら、プロパティに移動するので、「新しいプロパティを作成」します。

Google_Analytics_02

各項目を適切に埋めてください。

Google_Analytics_03

「ウェブサイトの名前」は、管理画面内で表示されるものですので、わかりやすい名前をつければOKです。

「ウェブサイトのURL」は登録するサイトのものです。

「業種」は、まぁ、適当に^^;

「レポートのタイムゾーン」はお住まいに合せて。「日本」はかなり下の方にあります。

最後に「トラッキングIDを取得」を押します。

枠内がトラッキングIDです。後で使いますので、このまま画面を開いておきましょう。

Google_Analytics_04

このトラッキングIDをサイトの内に入れます。内に何か入れる場合、Simplicityでは子テーマを編集するのが通常の方法です。ですが、それでは別のテーマに変えた場合に設定が引き継がれないので、テーマカスタマイズで行うのと同じ問題が起きます。

ということで、最初に書いたように、プラグインを使います。にコードを加えるためのプラグインは色々ありますが、ここでは、

WP Total Hacks

を使います。名前から想像が付くと思いますが、色々なことができるプラグインです。プラグインの新規インストール画面で、上記名前で検索すれば見つかります。インストールと有効化はいつも通りです。

では、プラグインの設定です。サイドバーの「設定」→「WP Total Hacks」で開きます。

Google_Analytics_05

このプラグインは国産品ですので、日本語が分かりやすいです。タイトルをクリックすると、設定画面が開きます。

Google_Analytics_06

「”wlwmanifest”と~」は、リモート投稿のための仕掛けです。例えば、スマートフォンのWordPressアプリなどを使って投稿できます。便利ではありますが、一方で、セキュリティ上の穴にもなります。したがって、使わないなら削除しておくのが安全です。

「バージョン情報を~」もセキュリティの観点からは削除しておいた方がいいでしょう。

「Google Analyticsをインストール」の中に、先ほど取得したトラッキングIDをコピー&ペーストします。

Google_Analytics_07

最後に「変更を保存」を押してください。

有効化されている、あるいは、設定がなされている項目には、
このように右端にチェックが付きます。

Google_Analytics_08

別のタブも、必要や好みに応じて設定してください。

Google_Analytics_09

設定が終ったら、サイトのトップページを開きます。そして、ソースコードを表示してください。Chrome やFirefoxならCtrl+Uで開き、設定したトラッキングIDが入っているか確認して下さい。

Google_Analytics_10

「GoogleAnalytics」を検索すると簡単です。

余談ですが、この記事では、トラッキングIDをモザイク処理せず、そのまま掲載しました。理由は、このようにソースコードに書かれているものであり、誰でも読めるものだからです。画面上で隠蔽しても、何も意味がありませんから。

以上で、WP Total Hacksを使った細々とした項目とGoogle Analyticsの設定は終了です。